ポルカを踊れ

ぬかるみを行け。ACとUCとリーキーガットと副甲状腺腫瘍と。

私には自尊心がある

今日はカウンセリングに行ってきた。画期的なことがあったのでブログに書く。

 

私は自尊心が低いというのが悩みだった。何かいつも置いて行かれているような、いつもひとりぼっちのような虚しさやさびしさに苛まれていた。両親が毒親だから、影響は大きかった。

 

去年の5月からカウンセリングに通い、自分を癒すことに努めてきた。前よりは精神状態が良くなってきたとは思っていたが、本当に私は良くなっているんだろうか、あまり変わっていないのではと感じていた。よく落ち込むし、死にたいと思うし。

 

今日のカウンセリングを通して、自分が成長していたらしいことを知った。自分と自分の周りの人達の絵を描いて、家族や職場など、誰がどこに所属しているのか線を引いて囲うように言われた。私は自分をどこにも所属させなかった。それは、私に自尊心があるからであるということだった。

 

こんなことでそれがわかるの?という気持ちもある。でもわかる気もする。ともかく、成長は素直に嬉しい。喜ぼう。

——————————

そうこうしてるうちに1ヶ月過ぎ、その次のカウンセリングも受けてまた新たな衝撃があったが、それはまた別のお話。

 

先日、海外に行く友人を空港に見送りに行った。彼女とは幼少期から家族ぐるみの友人で、お母さんと一緒にアジアの国に移住するとのことだった。彼女には弟がいて、弟は私より九つ歳下だ。彼が赤ちゃんの頃から彼のことを知っているけれど、20代後半で再会して以来、私と彼は会う度なんとなく仲が良かった。そして、彼の母親と姉はそれをあまりよく思っていないようだった。

 

今回最初に親娘と空港で合流し、その後彼がやってきてすぐ、急に彼らのお母さん(以後お母さん)が、彼の赤ちゃんのころの話をし始めた。そして、私と彼が九つ歳の差があることを強調するのだ。うんうん。わかってる。言いたいことは。と思いつつ、よく覚えていらっしゃいますね、などと適当に相づち。

 

その後、彼と近況を話していると、彼の姉がやはり急に全く関係のない話題を持ち出してきた。もちろんその話にしっかり乗る。わかったわかった。彼と仲良くするわたしが悪かった。もうその後は、あえて彼と話さずに姉とお母さんと話した。2人は安心した様子だった。

 

悲しかった。九つも歳下じゃなければ何か違ったんだろうか。私じゃなかったら。わからない。息子・弟愛ゆえ、誰でも同じなのかもしれないけれど。

 

その後チェックインカウンターでいろいろあり、一緒に食事をするはずができずに三人と別れて一人帰った。はずだった。

 

途中空港内のコンビニでおにぎりを買い、駅のホームの化粧室から出てきたところで彼にばったり会った。二人には早々と搭乗口に行かせたんだそうな。

 

というわけで、彼と二人電車に乗り帰った。もちろん周りには人が沢山いたし、二人きりになることもなかったし、途中の乗り継ぎ駅で普通に別れた。連絡先も交換しなかった。

 

ただ、電車内でちょうど二人分席が空き、並んで座った時はドキドキした。少しも触れないように注意した。必死で平静を保って話題を持ちかけた。

 

彼が元気で頑張っている様子が聞けた。海外に移住する夢があるらしい。彼ならそのうち行くだろう。そして、かわいくてちょうどいい歳の差の女性と出会って結婚するんだろう。それがいいと思う。私も歳の差の大きい伴侶を眺めながらいつも引け目を感じたり、ヤキモチを焼いたりするのは辛い。

 

それに、思い返すと、空港での彼の振る舞いはなんとなく頼りなかった。チェックインカウンターで、母親と姉が出国できるかわからないような緊迫した状況になったがどこか他人事だったし、最初から家族の荷物を持つつもりもなかった様子。私が大きいトランクを代わりに持っていたが、代わろうとする様子もなかった。トラブルの最中に姉が体調を崩して、助けが必要だったが、とにかく搭乗口に行かせてしまったのもどうかと思った。

 

だから無い。彼は。私は彼といる時姉でいなければならないのだろう。あまりに弟らしい弟で、私は本当は妹なのに姉キャラを演じるのは辛い。残念だけど、彼を諦める口実には十分だ。これでいいのだ。これも私の成長の表れなんだ。無理なことを無理と言うのは、自尊心がないとできないから。私には自尊心があるから。

 

この日帰宅が深夜0時を回り、その疲労が数日後の今日になってどっと出た。今日は一日寝たり起きたりダラダラしている。できれば夕方出かけたいが難しいか。今日は無理しないようにする。

 

 

 

 

 

 

 

はたと2

思ったのだけど、私はとにかく要求ばかりしているのではと。親に対しても、職場でも。だからイライラしてしまうのでは。

 

他人ではなくて、家族でもなく、自分で自分の要求というか欲求を満たせれば、そういうこともなくなるのでは。と思う。

 

最近、自分で自分の機嫌を取る、という言葉をネットで目にするけれど、それって大事なんだなと。必要なんだなと思う。

 

他人がどうするかじゃない、自分なんだ。自分がどうするか。それだけを考えることができれば、とても精神衛生上よさそう。

 

誰かが言っていた。他人は変えられない。自分は変えられる。自分が変わったら他人も変わる。覚え書き。

はたと

思ったのだけど、

 

この父親嫌いは反抗期なのか。もしや。

 

さっき父親とガスコンロにタイマーをセットして火にかけてほっておいた漢方についていさかいをしたのだけれど、自分の父親への対応と、そのあとの自分の反応が「ザ★反抗期」風だったのだ。

 

普通に反抗していたし、普通にキモいとか心の中で呟いていたし、今も思ってるし、それ反抗期じゃん、と。

 

そしたら自然に通過させるのが一番だし、別に自己嫌悪になる必要もない。

 

忘れないうちにメモ。

寒々梅雨時期

小麦を食べると体調を崩すので、今日は米粉パンを作ってみた。ベーキングパウダーと豆腐を入れるレシピ。砂糖も油も今あまりとれないのではずして、甘みのためにバナナを入れた。そうしたら、ほぼ膨らまず、甘みが妙に強くなり、外はカチカチに近いカリカリ、中は生に近いモチモチとなった。すごく悪くはないけれど、やっぱり元のレシピ通りの方が美味しいんだろうなー。冷凍して仕事中のおやつに食べるつもり。

 

パンを作る前にスーパーに行き、友人に渡す果物を買った。もうずっとあまり仲良くできない友人がいて、彼女とはいろいろありすぎて微妙極まりないのだが、なんとか細い繋がりだけは維持したくてたまに関わるようにしている。友人宅に届けようと思っていたが、友人宅に到着できるか不安になりながら出発した。分かりにくい場所にあるのだ。あと私が方向音痴過ぎ且つ場所を忘れすぎて。もう何度も行ったことがあるのだが。大体こっちか、と思いながら移動していたら、友人宅近くでその友人夫婦にばったり会うことができた。良かった〜。二人に小玉スイカを無事渡して帰途に着いた。助かった。友人も、スイカに喜んでくれたし。美味しいといい。

 

以前苦手と書いた隣の部署に移った人、依然として苦手なんだけれど、どうしてこんなに苦手なのか考えていてわかったのは、彼女は私の父親に似ているのだ。基本的に無愛想で笑顔がない。マイペース。何かをして欲しいと言って来ず、空気を読むことを欲する。そのくせ媚びてくるときだけ愛想がいい。面倒くさい。とても。彼女は自分の意志で隣に移ったのだから、結果辛かったとしてもその尻拭いをこちらにさせようとするのは、いい加減に辞めるべきということを自覚して欲しい。頑張れ。そこで。

 

今日はなんだか寒くてちとつらい。スイカ食べて二人が風邪を引きませんようにー。

安眠法実践

一ヶ月書かなかった。なんだか忙しかった。やっとひと段落して、はてなブログさんから記事の催促メールが来て、じゃあ書こうかとなった。

 

今月始めには旅行に行った。知り合いのご家族が厚意で呼んでくださった。動物を飼っていて、遊ぶのは楽しかったがやっぱり人の家に泊まるのはリスクもある。愚痴ばかり言うのだ。呼んでくれた人が。家族は仲が良く、それは見ていていいなと思ったが、とにかくよくしゃべるその人が愚痴にまみれており気が滅入った。

 

そして二人いる子供の上の方もかなり一方的に話す人で、下はほとんど喋らず、どうやら私に気を遣ってということだったらしいんだけど、じゃあ私何のために来たのかなと思わないでもなかった。呼んでくれた人のビジュアルもなかなかで、顔に血の気がなく、幽霊かな?という雰囲気で、体調が悪いので仕方ないのだけれど、なんだか苦手だった。

 

とネガティブなことを書いたが、基本的には全員にとても親切にしてもらい、快適に過ごさせてもらった。気候も良かった。面白い人にも出会った。皆にお土産も買えたし良かった。お土産を渡す、というコミュニケーションができるから。骨折をして、引きこもりがちな人にお土産を買って行ったらすごく喜んでくれてよかった。まだ渡しきれていないから行かなければ。

 

今日はカウンセリングだった。できないことをひとりで落ち込んでいたタイミングだったから助かった。来月から月に一回一時間、三ヶ月のコースをお願いした。一回一万円。一人で健全な精神状態を保つ自信がまだない。でも自分で自分を癒すルーティンも編み出していきたいと思う。

 

そんなことを思っていたら、今日テレビで安眠の方法として寝る前に15分間今日のストレスを書き殴ることが役立つと言っていたのでやってみた。安眠できるかな。おやすみなさい。

正しく悩む

正しい悩み方とはなんだろう。なんて考えたこともなかった。悩みはいつも尽きないし、延々と悩みがち。だいたいは、あの人は私のことをどう感じたのだろう、悪く取られたのではないか、それをどうやって挽回しようか、そんなことできるか、みたいなことが多い。書いてみると本当にどうでも良いことだけれど、そのあたりウジウジ考えてしまう。

 

最近、とあるカウンセラーの方のブログを読んだところ、こんなことを言っていた。

 

正しい悩み方とは、これから自分がどうなりたいか、そのためにどうすればいいのか、を悩むことである。

 

ほほうー。となった。とても建設的。正しい悩み方、という言葉から考えると、悩みは取捨選択するもの、という意識が感じられる。私は、とりあえず前からやってきた自分の罪悪感を煽ったり、自尊心を傷つけるようなことをしっかりキャッチして、そのボールが自然に離れていくまで持っていた。この方法なら、強制的にそのボールを捨てられる。違うボールをすでに選んでいるから、負のボールは持てない。良い。出来たらいい。

 

今日は寒くておやすみで、家でこもっていることになりそう。なんだか体が重い。部屋の片付けというか物捨てはじわじわ進んでいる。もう汚部屋ではない。少し散らかった部屋程度になった。私の目標としては、自室の大きいスチールラックを捨てること。でもこの棚、一人暮らしをする場合に重宝すると思うから悩むところだ。

 

先日、既婚の職場の人と話していて、一人暮らしをしたいとつい言ってしまった。少しのかなしみと恥ずかしさ。優しい人だから良かったけど、周りで聞いていた人達はどう思っただろうか。まあいいや。どうでもいいや。大事なのは私がこれからどうなりたいかなんだから。

 

眠くなってきた。休日最高。

 

物捨て三昧

f:id:porkadance:20180420111844j:image

シュレッダーゴミ2袋。シュレッダーと共に。これで終わりではない。スチールラックにこれまで無限に収納してきた書類が山ほどある。それを引っ張り出してきて分別からしなければ。それが終わったらかなりすっきりするはず。

 

こうやってちまちま場所ごとに引っ張り出してくるの、やっぱり効率的ではない。ときめきお片づけ本の近藤まりさんが言うように、全部出してきて一気にやった方がきっと早いと思う。まだここに書類が沢山眠ってる。。みたいな気持ちを何度も味わうのが辛い。まあ今日はテンションが上がらないからこういう感じかもしれない。この後カウンセリングに出かけるので時間がないし。

 

ただ、書類はまだ形がある程度決まっているし、やってみれば要るか要らないかも一応判断がつくけれど、問題は無数の小物類だ。考えるだけで気が遠くなる。でもこれはきっと考えてはいけないのだと思う。作業なんだ。目の前にあるものを一つずつこなしていくのだ。

 

 

と書いてからあっという間に一週間以上経ってしまった。シュレッダーゴミはトータル五つ程になった。シュレッダーにかけられない圧着ハガキが溜まっている。あと昔の日記がキャンパスノートに五冊くらい。圧着ハガキは糊がついているから、シュレッダーにかけない方がいいらしい。シュレッダーのメーカーに問い合わせて聞いた。個人情報をマジックで消せばいいかと思ったが、意外と角度で見えてしまう。ネットで調べたら消すペタというグッズがあるそうで、黒いのりをつけて貼り合わせて簡単に捨てられるらしいので、それを買おうかと思っている。

 

今日は生理4日目で眠い。まだ生理痛もあるから慌てて漢方医に出してもらった煮出し漢方を飲んでみたりした。最近仕事を休みたくて仕方なく、昨日は生理痛を理由に休もうか逡巡していた。と言うか、なんなら生理前から考えていた。でもなんとなく今日は行ける、と思い行った。給料が減るのも辛いと思った。あまり痛くなくて良かった。ただ、そういう日に限って研修があり、本当に眠かった。普段カフェインを飲まないので、ペットボトルのほうじ茶350ミリで完全に目が覚めたから早く飲めばよかった。夜もきちんと眠れたから良かった。

 

なんだか書類の捨て作業も中途半端だが、そろそろ小物捨てに移ろうか。またときめき本をチラ見しつつ。4/30までにもの捨て完了思っていたけどちょっと厳しそう。まあやれるだけやっていこう。今週末から開始予定。

 

ーーー

追記。はてなスターの表示を終了しました。これまでありがとうございました。